京都夜間特別拝観夜の特別拝観が目白押し!!
ライトアップされた紅葉は、見る者をひときわ鮮やかに魅了します。
鏡のような池に秋の気配が写しだされ、昼間とは違った絵巻物を見るようです。


http://kyoto-design.jp/special/tokubetsuhaikan
高台寺
北政所ねねが秀吉を弔うために創建した寺。寺院を囲むように色づく紅葉が楽しめる。夜間特別拝観中は、寺全体がライトアップ、特に池に映る紅葉が見事。
暗いせいか、まだ染め始めたばかりなのか紅葉の赤は思ったより鮮やかにうつりませんでした。その代わりに高台寺が光に映え昼間とは全く違う顔を見せてくれました。
圓徳院
●お問合せ:075-531-2111

ねね終焉の地として有名な圓徳院。門をくぐってすぐに飛び込んでくる美しい庭のライトアップに息を飲みました。暮れゆく紅葉の古都をライトアップで幽玄に演出。近くの高台寺の特別拝観とあわせて、秀吉とねねの面影を偲びたいところ。
知恩院
●お問合せ:075-531-2111
宮崎友禅翁が祀られている庭園は4000坪!
その庭を散策しながら茶室・真葛庵、華麗庵を鑑賞することができます。

実相院
歴代門主が書き綴った江戸期の実相院日記や「新古今和歌集」の最古の写本などが展示されます。また石仏を配置した「一仏八僧の庭」や桃山時代に作られた
「回遊式庭園」の二つの庭が見事な紅葉に彩られます。

青蓮院
青蓮院門跡のご本尊は、光そのもので、眩いばかりの光を放出し、その光明によって世界に功徳を及ぼすと云われています。ライトアップされた各々の光は、ゆっくりと点灯消灯を繰り返し、生命の源である光の生命観を表します。
永観堂
京都東山のふもとにあるモミジの名所、3万3,000平方メ−トルの広い境内に設置された約300箇所の照明が点灯され、3、000本のモミジが浮かびあがります。
有名な「見返り阿弥陀如来像」もほのかな明りに照らされ、昼間とは一味違う装いとなります。
清水寺
壮大な舞台から見るライトアップされた景色は幽玄さをかもしだしています。
成就院の「月の庭」の特別公開もあり、押さえておきたいところです。
随心院
小野は、小野小町ゆかりの里です。池に映るもみじも見事です。
貴船ライトアップ
暗闇に照らされた貴船神社周辺には行灯が。
土・日・祝日にはイベントも行われます。また、叡山電鉄では貴船口駅、市原〜二ノ瀬間のトンネルをライトアップ。燃えるようなもみじが間近に迫ります。
圓光寺
辺りは静かなのに、もみじがあるだけでとても賑やかに見えてきます。
混雑が予想されますので、拝観は公共交通をご利用下さい。
天龍寺宝厳院
江戸時代の「都林泉名勝庭園」にも紹介された庭園は、
昼間とは違った姿を見せてくれるかもしれません。
宝泉院
大原にあるお寺です。
屋根と床、柱の間に収まった紅葉の景色は、まるで一枚の絵のよう。
額縁庭園と呼ばれる由縁です。期間中、週末にはコンサートも。雨天決行です。
”春” 京都 御室周辺
”冬” 金閣寺の風景
http://www.kinkaku-ji.or.jp
”秋” 金閣寺の風景